ウィッグの魅力を教えます

ウィッグの魅力を教えます

ウィッグの通気性

決して見逃すことの出来ないウィッグ情報をご案内しています。
「ウィッグの魅力を教えます」の豊富なお役立ちコンテンツを是非ご熟読ください。

 

夏や暑い日は汗をかきやすく、蒸れてウィッグの中がしまうことがあります。汗疹や湿疹など、そのせいで肌を傷めることもあるかもしれません。ですから、通気性のよいものをできるだけ選びましょう。

 

主にウィッグの通気性は、ベースの品質によります。人工用頭皮が医療用ウィッグは使われているものがほとんどですが、大きくこの質が影響します。通気性がよく、エアースキンなどの素材は快適につけられます。

 

まず、大切なのは見た目が自然なことです。髪が抜けてしまったというストレスを緩和することが医療用ウィッグをつけるのは、大きな目的です。

 

見た目が不自然で、ウィッグをいかにもつけているという感じになってしまっては、ストレスとかえってなってしまうことでしょう。特に、外出の機会が多い人や仕事に出ている人にとっては重要なポイントとなるはずです。

 

また、丈夫で長持ちする必要もあります。脱毛が抗がん剤の投与後、10日から20日ほどで始まり、半年から1年ほど治療は続きます。生えてきた髪をそろえながら治療終了後は、ヘアスタイルを調整していきます。

 

ショートヘアの人でこの調整の期間は1年ほどですが、髪がもともと長い人は、もっと長くかかります。通常、月に髪は1.2cm伸びるといわれています。少なくともショートヘアの人なら1年半、そしてロングヘアなら2年ほどは持つものを使いましょう。

 

既製品には少ないのですが、アジャスターつきサイズの変化に対応できるものがオススメです。髪の量に脱毛前と脱毛後には違いが出ます。自然にいつでも見せるためには、ぴったりとどちらの状態でもフィットしている必要があります。
毎日治療期間中は使うものですから、簡単に手入れができるかなども重要です。ウィッグが毎日の手入れ次第で長持ちするかどうかも変わります。

 

今貴方が求めているのはウイッグに関する的確な情報ですよね?
ウィッグに関することを調べているのでしたらインターネットで調べるのが最も多くの情報収集が出来ます。

 

とっても便利な世の中になりウィッグのことは簡単にインターネットで検索をすることが出来ます。
ただし中には間違ったウィッグ情報もありますのでサイト選びは非常に重要です。

 
 

ホーム サイトマップ